懸案の・・・

ようやく、ずっと考え続けてた湯冷ましの削りを終えました。
手になじむ大きさ。
お湯が茶葉を優しく包み込む温度になるまで待っている間、心なごむカタチ。
お湯切れのよさ。
持ったときにアチチ!とならない厚み。
しかし重いのはアカン。

・・・課題満載の湯冷まし。
a0172222_11163477.jpg

こっちはどちらかというと酒器・・・?
a0172222_11171771.jpg

今日、焼成のために師匠んとこに持っていきます。
まだまだ楽しい試行錯誤は続きます・・・♪

先日、新作の取り皿で椎茸のバター焼きをお酒のアテに作ってみました。
よつばバター、最高です。オススメ^^
お皿はチタンマットと黒マットのかけわけ。シンプルモダンでしょ。
a0172222_1121496.jpg

ついでにお酒も。この酒器は大昔、芦屋の滴翠美術館の陶芸クラブで作ったもの。
たたら作りで釉は乳白、酸化焼成です。印花も自作なんですよ。
a0172222_11264311.jpg

たたら作りはずいぶんご無沙汰しているので、この器を手にするたびに
たたらもやんなくっちゃ!と意気込んでます。
[PR]
# by hatopoh | 2011-01-26 11:36 | 作陶 | Comments(0)

ルーシー・リーさん

大好きな作家の一人、ルーシー・リーさんの作品に会いに行ってきました。
中ノ島の東洋陶磁美術館。外観の写真を取ろうと思っていたのに、すっかり忘れてて・・・
チケットの写真です^^;
a0172222_21402238.jpg

すごい人出ですよ・・・と師匠に言われていたので覚悟していたのですが、
ラッキーだったのでしょうか、まずまずの人出でゆっくりと作品に対峙することができました。
今までほとんど図録でしか見たことのなかった作品。
あの透き通るようなピンクの器。
a0172222_21452594.jpg

a0172222_221258.jpg

火星から摘んできた花のような花器。
・・・面白かったです。でも気になるのはやはり食器。
ティーカップのセットなどは、うちで使ってみたいなぁと思いました。
作陶の参考にしたいアイディアが満載でした。
a0172222_21443687.jpg

会場では、BBCによる本人へのインタビューが上映されていました。
興味深かったのは、「焼成は一回なの、急ぎの仕事のときにやってみたら成功して」と
本人が語っていたところ。え?なんて?・・・素焼きなしの一回焼成!? 
「ロクロでひいて削ってしっかり乾燥させてから化粧土をかけて線彫りして、
また乾燥させて施釉して、焼成するの」と語るルーシーおばあちゃん。
そんなん、土がもたんでしょ?
穏やかな語り口でさらりとすごいこと言う。さすが大御所。
そんなことができるのか、今度師匠に聞いてみようと思います。

来場者の多くは女性でした。まるで宝石を見るような目つきだったのが印象的。
少数派の男性陣がどんな作品に足を止めるのか、興味深く観察させて頂きました。
作品を鑑賞するのと同じくらい、見ている人たちを観察するのって面白いんです。
私のひそかな楽しみ^^ 悪趣味と言わんといてね。

帰り道、運動不足解消に大阪城まで歩きました。
梅林でちょっと一休み。
a0172222_22011100.jpg

まだ蕾は硬そうですが、春の気配が漂っていました。

さぁ!いい作品をたくさん見て、パワーをもらいました。
器作りにまた頑張りまっす!
[PR]
# by hatopoh | 2011-01-23 22:08 | 作陶 | Comments(0)

負傷

たまねぎを刻んでいてツルッとすべって、
指の薄皮をそいでしまいました。
「皮だけやん、うまいこと切ったなぁ・・・」と感心していたのもつかの間、
けっこううずき始めて、水仕事もままならなくなりました。
「指をケガしたら、土にさわるな」と昔の師匠はよく言うてました。
土には様々な有機物が混じっていて、化膿することもあるそうです。
水仕事は主人に頼めるとしても、土には触りたい!
・・・というワケで、現代の医学の賜物の登場です!
この絆創膏、スグレモノです。
痛みは一掃され、水にも強く、しばらくは貼りっぱなしでOK。
絆創膏の下の患部では、新しい皮膚が再生されているそうな。
a0172222_17272222.jpg


バンドエイドの回し者ではありません。
あしからず^^
[PR]
# by hatopoh | 2011-01-20 17:28 | よもやまばなし | Comments(0)

うちの癒し系

昨日、今日はほんとに寒いですね。
「今年一番の寒気!」というだけあります。
朝、リビングのガラスにもしっかり結露が出ていました。

こんな日にも日当たりのよい一等地でぬくぬくと過ごしているのは・・・我が家の癒し系。
a0172222_17394792.jpg

ロクロコーナーから振り返るとそこにいるのは、
ジャンガリアンハムスターのとらこさん。
去年の3月から我が家の一員です。
動きが早いのでなかなかうまくデジカメにおさまってくれません。
ちょっとポンぼけですなぁ。
a0172222_174152100.jpg

夜行性なので昼間にはなかなか顔を見せてくれませんが、
ロクロに向かっているとたまにカサコソと巣から現れ、
愛らしい表情でなごませてくれます。
a0172222_17575137.jpg
かわいがられすぎてこんな表情になることもありますが^^;
あ痛たた!やめんかい!という声が聞こえそうな。
主人のいい遊び相手にもなってくれてます。
a0172222_17465989.jpg

寒さもここ数日が底のようです。みなさん、風邪ひかないように。
私はやっと扁桃腺炎から復活しつつあります。
早く、ロクロを回したいですぅ!
[PR]
# by hatopoh | 2011-01-16 18:00 | とらこさん | Comments(0)

夜なべ

夕食後のちょっとした空き時間に小物を作ってます。
少量の土を取り出して、お箸置き作り。
ロクロで感じるのとはまた違った土の感触を味わえるのが楽しい。
a0172222_15555139.jpg


3月の手作り市のために、桜をモチーフにしたものを何か作りたいなぁと思い、
花びらのお箸置きを作ってみました。
花びらの内側に桜色の釉薬をのせようかな、絵の具で彩色してもいいかもねぇ・・・
この後の工程に思いをめぐらせながら、ひとつ、またひとつ。
作っているうちに、何だか夜桜の香りがするような錯覚に陥ります。
春よ、来い・・・あ~幸せなひととき^^
a0172222_15591865.jpg

しかし、そのひと時も主人の一言で現実に引き戻されました。
「それって怪獣の足跡にも見えるなぁ、いやいや豚のヒズメやなぁ、ガハハハハ」
心憎いコメントをありがとう。
そういうことは、出来上がってから言うてくれるか!!(怒)
a0172222_162624.jpg

[PR]
# by hatopoh | 2011-01-09 16:08 | 作陶 | Comments(2)