フォーム改善への道のり

台風一過と思いきや、また雨続きですねぇ。
昨日も今日も雨に打たれてのジョグでした。

シャワーのような雨は、とーっても気持ちよいのですが、
ザーッと来るとウェアがカラダにまとわりついて、さぁ大変008.gif
こういう時のための短パンもいるかしらん・・・って、大雨でも走るのか?

走り始めて2年と少し。
ずっといかにラクに!美しく(!?)気持ちよく!走るかを研究しています。
ところがですね、自分の走る姿を確認する方法ってないんです。
お店の窓ガラスに写る姿を見るくらい。
あんまり何度も往復するとヘンなおばさんとして怪しまれます。

先日、女子ラン部の合同練習(と言っても参加は2名011.gif)で、
動画を撮ってもらいましたの。
去年も同じ時期に撮ってもらっていて、それを比較してみました。
するとかなりの違いを発見!
動画の中から画面を切り出してみます。

去年のワタクシです。
a0172222_16124881.jpg
一番アカン画面です。
カラダの軸が左に寄っています。左着地のときに体軸がぶれてる。
右肩が上がって苦しそう。
13,4キロ走った地点で、しんどかったのは確か。
この頃はウエストポーチがくるくる回ってきて、「なんでかな?」と思ってました。

今年です。

a0172222_16164524.jpg
同じ左着地。軸の傾きがマシでしょ。イェイ!

右着地は、
a0172222_16190087.jpg
右着地では、腰が落ちていますなぁ。
ふだんから右腰の動きが悪いのは、よぉく自覚しています。
スキーのときも右の板に乗り切れない。遅れる。

うーん、どうすれば右足の乗り込みが改善するのか?
体幹の筋トレは順調なんですがねぇ。
雨の日に・・・思案中・・・です。

勉強材料をくれた女子ラン部長に感謝です016.gif




[PR]
by hatopoh | 2015-07-23 16:26 | 走る! | Comments(4)

アポイ岳レポ ~後編~

先週末はなにかとバタバタしておりました。
ブログは、すっかりほったらかし040.gif

今日はやっと落ち着きましたので、北海道はアポイ岳のお花などをご紹介します。
え?前回の話は忘れたって?!そりゃそーだ。こちらで復習してね。

明日の山登りを前に、
まずはビジターセンターでアポイ岳のことを勉強しました。

a0172222_12525363.jpg
奥に見えるのが山がアポイ岳です。

まずは地図。
a0172222_12205385.jpg
ビジターセンターから頂上まで、標高差は700メーター。
あの阿倍野ハルカスの2倍と100メーターですな。(ヘンな比較)

かんらん岩という珍しい岩石で形成されているそう。
地上で最も比重が高く(つまり重い!)光の具合できれいなグリーンに見えます。
地球内部のマントルが露出した部分がこのかんらん岩なんだそう。
プレート同士がぶつかりあって、マントルが突き上げられた。
国際的に貴重な場所として知られているんですと。

うわぁ、すごい規模のお話でなかなか話が呑み込めないはとぽう。

それに・・・標高300mでハイマツが生息し、
いったん森林限界を超えた景色になるのに、頂上にはまた樹木が生息。
か・な・り、変わってます。
実際に登って確認するのが楽しみになりました。事前勉強って大事ですねぇ。

アタマを使ったあと、海辺にドライブしました。

a0172222_12564760.jpg

エンルム岬からの眺めです。
エンルムとはアイヌ語で「とんがった」という意味なんですって。
襟裳岬(えりもみさき)も同じ語源だそうです。

a0172222_12575048.jpg

a0172222_12581976.jpg
海と山と空。それぞれの青。

気温は低かったのですが、日差しがきつい!

a0172222_12364189.jpg
何を思うのか、わが相方。

こんな写真を撮っておりました。

a0172222_12425893.jpg
お!上手。あ、カメラの性能かな^^;
左のほうに見えるのが親子岩。海からドッカーンと突き出ていて大迫力。


a0172222_12370566.jpg
親子岩のアップ。エンルム岬から移動して撮影。

a0172222_12451148.jpg
さきほどまでいたエンルム岬。


そしてお宿の前には、日高地方らしい風景が見られました。
そう、馬!
a0172222_12392201.jpg
そして反対側には海!

a0172222_13003497.jpg
この道を翌朝、ウォーキング…のつもりがジョギング。気持ちいい道でした。
a0172222_13010572.jpg
まーっすぐ。
a0172222_13012914.jpg
お宿の朝食は盛りだくさんで、ちょっと食べ過ぎました。
いよいよ山へ~!
a0172222_13312044.jpg
登山届を出しているところです。
ダニが多いと聞き、長袖。ちゃんとスパッツまで履いております。

a0172222_13324816.jpg
橋を越えて。

a0172222_13331270.jpg
山道へ。ダニ予防にザックカバーまでしています。

a0172222_13335159.jpg
緑がまぶしい。

a0172222_13343839.jpg
ウツギかな?

a0172222_13361278.jpg
熊が出るようで、クマ除けの鐘があっちこっちにありました。
鈴を装着していますが、「鳴らしとこか」と下がっているヒモをひっぱると、
ぐぉーん と大音量! 人間がビックリしまくりました037.gif

5合目で一息いれていると、山肌に鹿が!
私のコンデジで精一杯寄ってみた写真です。わかります?
a0172222_13390410.jpg
さすが野生の王国です。感動しきり。
5合目からボチボチお花と出会い始めました。

a0172222_13411134.jpg
オダマキ

a0172222_13420328.jpg
アポイハハコ だと思われます。


a0172222_13423791.jpg
名前はわかりません。でも今回一番好きな花♡

a0172222_13433131.jpg
エゾコウソリナ かな?

a0172222_13551577.jpg
お名前不詳。

a0172222_13575186.jpg


a0172222_13441891.jpg
前日の晴れていましたが、この日は曇りがちでした。
霧が出てきて、幻想的。

a0172222_13452181.jpg
プレートがぶつかり合った場所ですと。
左右で地質が全く違うそうです。

a0172222_13463264.jpg
咲き終わってもこの可憐さ。
アポイアズマギク・・・だったのかな?

a0172222_13501007.jpg
咲いているのはこちら。

a0172222_13512171.jpg
か、かわいい♡ 不良少年のアタマみたい。

季節が遅かったのか、満開状態ではありませんでしたが、
涼やかな高山植物を楽しむことができました。

かんらん岩って中身がこんな色でした。

a0172222_13522049.jpg
外側は酸化しています。
a0172222_13555439.jpg
森林限界を超えた景色です。
そして間もなく頂上なのですが、おや、林が。

a0172222_13570383.jpg
ふしぎ~。

頂上で記念撮影しました。

a0172222_13583730.jpg
標高810m。
ここでお昼を食べて下山。

a0172222_14001469.jpg
不思議な物体発見! これは新種か?

a0172222_14031154.jpg
「珍しいんちゃうん?」「もしかして天然記念物?」と期待に胸を膨らませ、
下山後にビジターセンターでウキウキと聞いてみましたら、

「うーん、蛾ですね」「珍しくはないようです」とのこと。ガクっ015.gif

a0172222_14043863.jpg
途中、海を臨む景色です。

なんだかホンワカした気持ちにさせてくれる不思議な山でした。
平日だということもあり、登山客ものんびり。

アポイの語源ですが、昔は鹿がいなくて人間は食糧難。
で、鹿が授かるようにと山頂に祭壇を設けて火を燃やしたそう。
それで鹿が繁殖するようになり、生活が豊かになったそうです。
この山は、アポオイヌプリと呼ばれるようになりました。
アポは火、オイは多くあるところ、ヌプリは山。
大火を燃やした山という意味だそうです。

アイヌ語って面白いですね。

これでアポイ岳のレポはおしまーい。

そうそう、帰り道、国道を走っているランナーを見かけました。
その姿を見て、「え!朝、宿の近所で道を聞いてたヒトやん」と気づきました。
宿からの距離は、たぶん50キロを超えています。
疲れを感じさせない快調な走りっぷり。すごーい。
たぶん北海道の国道を走り続けているんでしょう。
北海道には、いろんな時間が流れていました。
いつかやってみたい・・・かも。
いやいや、そりゃあないな。



[PR]
by hatopoh | 2015-07-14 14:17 | 山歩き | Comments(2)

祝!準優勝!

なでしこ、おめでとう!
世界第2位なんやもん、胸を張ってほしい!
苦しいときにも、素晴らしい笑顔をたくさん見せてくれて、ありがとぉ!

昨日、出勤前の30分だけ、時間を惜しんでTV観戦しましたが、
その間になんと4失点。
悪夢なのか?! お、起きてるよねぇ、わたし?!

大儀見さんの1ゴールは見届けられましたが、
駅までの道中、「やっぱり私が観たからやわ・・・」と思いました。
私が応援すると阪神はたいていの場合・・・負ける。(え?阪神?)
みごとに・・・負ける。
ごめん!ごめんよ、なでしこ! 私のせいやわ~007.gif

次は見ないようにするよ、録画観戦でガマンするからね。(マジなのか?)

それにしても鍛え抜かれた肉体の美しさには、惚れ惚れしました。
ほんとアスリートは美しーい016.gif

「女子サッカーがブームではなく、文化になってほしい」
宮間さんの願いが現実になるよう、
はとぽう、これからも全力で応援し続けまっす051.gif





[PR]
by hatopoh | 2015-07-07 15:23 | イベントごと | Comments(2)

いよいよ明日、決勝!!

いよいよ明日、
我らが「なでしこジャパン」は決勝へ!016.gif

オウンゴールしてしまったイギリスチームは、
ドイツに勝って3位とのこと。よかったです。
オウンゴールの瞬間は(試合後にDVDで観たんですがね)、
喜びよりも何とも言えない悲哀が先行しました。

立ち直って笑顔になったバセット選手、ステキでした。

なでしこたちメンバーの仲の良さ、たくさん報じられていますが、
中でもワタクシ、これが一番感動しました。
一番幸せを感じますかと聞かれた宮間あや選手の言葉。
「試合前、円陣を組んでいるとき」
ゴールしたときでもなく、勝利を決めた瞬間でもなく、
そっか、一番はその瞬間なんだ!

ますますなでしこが大好きになりました。

明日も出勤時間に試合だし、昼休みに結果を知ることになるんですが、
いい試合になるように、仕事中も(お~い、仕事せーよ(^^ゞ)…祈ります^^


ところでLCCショックからようやく体力回復。長かった~。
昨日から日常ジョグを再開しました。
久しぶりだと足が軽かったデス072.gif
正しい着地感覚=足元のツナ缶を踏むイメージが、
少しわかったような気がします053.gif
前から改善せにゃーねと思っていた右足の着地にツナ缶イメージが効果的なよう。
小雨ランも気持ちよくて、梅雨がちょっと好きになりそうです057.gif

山レポはもうちょっとあとでね。



[PR]
by hatopoh | 2015-07-05 11:52 | イベントごと | Comments(2)

アポイ岳レポ ~前篇~

さて、先週登ったアポイ岳レポの時間ですよ。

当日は朝3時起き。関空発6時のジェットスターに搭乗しました。
こんなに早い時間に飛行機に乗るのは久しぶり。…って前はいつだったか?
飛行機の中で2時間は寝られるゾ…と見込んでいたのですが、
それが寝られへん、寝られへん008.gif
座席の角度がカラダに沿ってないんです。
首を前傾しないと背中がもたれられず。背中に合すと首が凝る。
どーしたらエエん?と悩むうちに到着1時間前。
「座席とテーブルを元の位置にして下さい」とアナウンスが流れました。
え?まだ1時間もあるのに。うっそぉーん005.gif
乗務員さんがチェックしてまわるし、仕方なくもとの位置へ。
ぐ、ぐるじいよ、首。

結局、眠れずでした。

この状況は帰りも同じ。見込んだ往復の4時間の睡眠はとれず、
旅行後にかなりのダメージを受けました。
結論。
「1時間以上かかる場所への旅にLCCはいけません」デス017.gif
今回の教訓でございました。

初日は新千歳からアポイ岳近くまで移動し、現地を散策する予定です。
さっそくレンタカーを借りて、相方さんが運転。
今回は2日間で保険込みでなんと!5500円! 安っー!

一路、アポイ岳近郊のジオパークのまち、様似町へ。
あ、これね、「さまに」と読みます。
様似町は襟裳岬の手前に位置する町で、約2時間の行程。
途中のホームセンターで山コーヒーのためのボンベを調達するつもり。
久しぶりの北海道の道は、相変わらずまーっすぐでした。

ホームセンターの手前で、「あれ、警告灯が点いてるわ」と相方さんが呟きました。
え? 「ちょっとスタンドに寄るわ。空気圧かな?」
いやいや、今回はいろいろハプニングがありそうな予感…(>_<)

スタンドでチェックしてもらったら、
タイヤのチューブが劣化して空気が抜けていたんです。
劣化って?! そんなことあるん? 自転車みたい。
修理してもらって、レンタカー会社に修理代を後で清算することになり、出発!
このロスタイムが約30分。
ま、事故でもないし、のんびりしましょ、せっかくのお休みですしね~♪

そしてこれがアポイ岳。
a0172222_14591104.jpg
ビジターセンターからの眺めです。
標高は約810m。低い山なのに高山植物が生息する特殊な環境です。
低いといっても、標高70mから登るので高低差は700ほど。
ナメちゃーいけません。

実はビジターセンターに入る手前で、
またもや車に異変。走行中に「ドン」と衝撃音。
なんや!なんや! あわてて車を路肩に寄せて確認。
走ってきた道に鉄の破片が落ちています。
「なんか、部品が取れたんちゃう?」と私。
「別の車が落とした破片かもやで。」と相方さん。
「でも、音したで」と破片を拾う私。

まあ、油漏れもしてないし、だいじょうぶだろうと、スルーしましたが。
走行距離が14万キロほどの車、
この先、何が起こっても仕方ないと覚悟を決めた瞬間でした。

つづく…

(でもだいじょうぶだったけどね(^^ゞ)












[PR]
by hatopoh | 2015-07-01 15:07 | 山歩き | Comments(2)